STAND UP基礎講座

STAND UP TAKE ACTION(以下スタンド・アップ)は、貧困解決のための世界的なキャンペーンです。2000年に189ヵ国のリーダーたちが合意したミレニアム開発目標(MDGs)達成を後押しするために実施されています。

このMDGとsは、2015年の期限までに8つの分野において具体的な目標達成を掲げた開発目標です。例えば、「世界の貧困人口を半減する」「5歳未満児の死亡率を3分の1にする」など、8分野で21のターゲットが定められています。

スタンド・アップのキャンペーンでは、MDGs達成に向けて人々の力を集めるため2006年から毎年、世界反貧困デー(10月17日)の時期に貧困解決を求める意志を示すために「立ち上がり」(STAND UP)、「行動する」(TAKE ACTION)ことを呼びかけてきました。そしてその様子を収めた写真を集めて1つの「声」をつくる活動にし、それを日本では「動く→動かす」が集計して、政策を作る、あるいは政策立案に影響のある組織や人々(政府、政治家、省庁など)に届け、貧困解決とMDGs達成に向けた取り組みを政府に求めてきました。そして参加者に対しても、身近なできることから何か実践をするよう呼びかけています。

昨年からは、現在政府間での交渉と調整が進むMDGs後の開発目標である「ポスト2015年開発目標(MDGs)」についても、それがより良いものになるよう国際交渉の場に市民の声を届ける活動も行っています。

2009年には世界各地で1億7000万人以上がこのキャンペーンに参加しギネス記録を打ち立てました。2013年は日本全国で3万2600人が立ち上がりました。ただ残念なことに、MDGsが来年に達成期限を迎えるにあたり、このスタンド・アップも今年が最後となります。学校で、オフィスで、公園で、行動の場所は問いません。最後のキャンペーンに、あなたもぜひ参加してください。

参加方法はこちら

STAND UP TAKE ACTION 2014の背景と想いはこちら

STAND UP の目的 、伝える ミレニアム開発目標と貧困の原因を広く知ってもらう、声を届ける 世界のリーダーにMDGs達成のための取り組みを強化して欲しいというアピールを行う、輪を広げる スタンド・アップを通じて、貧困問題解決に取り組む人々の輪を広げる

▲ページトップへ

スタンド・アップのこれまでとこれから

2006年の初めてのスタンド・アップでは、世界中で2000万人あまりが立ち上がりました。その後毎年規模は拡大し、100カ国以上から1億7000万人が参加する貧困解決の一大キャンペーンになりました。

2010年まで世界中で同じ日程、同じ方法で同日にキャンペーンを行ってきましたが、2011年からは各国の状況や独自の文化に合わて日程や方法を調整し、緩やかなネットワークでつながりながら世界でキャンペーンをを行うようになりました。世界で各国が独自のやり方で実施することで、より多くの人が参加しやすくなることや、貧困解消に向けたより具体的な取り組みを訴えることが可能になりました。

日本では、2011年から実施期間を10月1日からの17日間へと拡大し、2012年も同じ期間でキャンペーンを行いました。

10月は国際協力にかかわる特別な日が多い月です。例えば、世界ハビタット・デー(10月の第1月曜日:国連制定)、世界教師デー(5日:国連制定)、国際協力の日(6日:日本政府制定)、国際ガールズ・デー(11日:国連制定、2012年から)、世界食料デー(16日:国連制定)、世界反貧困デー(17日:国連制定)があり、さまざまなNGOや関係機関と協力して幅広い人々の参加を促すことが可能になります。

2013年日本では、9月14日(土)から10月20日(日)まで1カ月以上にわたってキャンペーンを実施しました。

これは、9月後半にニューヨークで開催される国連総会の期間中にMDGsに関する特別イベントが行われ、MDGsの達成状況とMDGs後の開発目標である「ポスト2015年開発目標(ポストMDGs)」に関する報告が予定されていたためです。

今年も同じように国連総会でMDGsとポストMDGsに関する会議等が予定されているため、9月13日(土)から10月19日(日)までキャンペーンを行い、MDGsに加え、ポストMDGsに関しても呼びかけていきます。

ただ、やはり最も重要なのはMDGs達成に向けたさらなる努力です。来年目標達成期限を迎えるMDGsですが、すでに達成された目標や達成見込みの目標もありますが、このままでは達成が困難、あるいは絶望的な目標もあり、さらには達成された目標でも地域や国など現状を精査するとまだまだ課題が山積している目標もあります。(現状については、こちらの「ダウンロード」ページの「解説」セクションにある、「A5サイズMDGsミニ説明」と「MDGsミニ説明の解説」をご覧ください。)

2013年の4月5日、MDGs達成期限まで残された時間が1000日となり、その日に潘基文国連事務総長は、国際社会が取り組みを加速させることが必要であるとして、そのためには効果の大きな投入をきちんとした計画の下で効果的に行い、最も貧しくぜい弱な国々に焦点を絞り、先進国が約束した援助資金は約束通りに支払い、政府から草の根レベルまですべてで行動を起こすことが必要だと述べています。

そして今年8月19日、MDGs達成期限まで500日を迎えます。

残された時間を有効に活用し、果たされていない約束を果たすため、わたしたちは各国のリーダーたちにこれまで以上の働きかけを行う必要があります。その手段がスタンド・アップです。

今年は、短い残り時間と厳しい達成見込みの中でスタンド・アップを行うことになりますが、今を生きる世代として、その努力を怠ることはできません。貧困解決を次の世代へ先送りすることのないよう、今できること、すなわち引き続きMDGsの達成を目指して行動し、より良いポストMDGsの策定を求めて声を上げていくことが、私たちの世代の責任です。MDGsを一歩でも前に進め、貧困問題をわずかでも軽減し、少しでも良いポストMDGsにバトンを渡し、社会を次の世代に引き継いでいくことが、私たちに求められています。

立ち上がって写真を撮るという簡単な行動が、政府の政策を動かし世界の貧困解決に貢献します。そしてあなた自身、身の回りのできることから始めてみてください。


実は、世界各地であなたと同じような市民が、スタンド・アップを通じて政府を動かしています。

【インドのある村では】
インドのある村では、スタンド・アップと同時に、1年目は水道や学校、病院などを政府に要請し、2年目は自分たちで学校建設も行ないました。その様子がメディアに取り上げられると、当初は何の反応も示さなかった政府が動き、最終的に政府の予算に村の学校建設経費が割り当てられました。

【フィリピンでは】
フィリピンではスタンド・アップと同時に、翌年に行なわれる大統領選挙に向けたキャンペーン「I Vote for MDGs」を行ないました。それにより、候補者全員がMDGs達成に向けた公約を発表し、候補者討論会でもMDGsへの取り組み方針が注目されました。

このほかアメリカやオーストラリアなどでも、市民の声によりMDGsの達成が国の政策に位置づけられ推進されてきました。「貧困を終わらせたい」という一人ひとりの市民の声がひとつになったとき、世界は少しずつ、しかし確実に変わります。

日本では

「動く→動かす」がスタンド・アップ参加者数を集計して政府や国会議員、外務省、財務省などに届け、MDGs達成に向けた政府の取り組みを改善するよう働きかけたり提案をしています。2011年の結果は、国の予算を握る財務省の副大臣に届けました。2012年と2013年の結果は、外務省のナンバー3である外務政務官に届けました。(2013年の結果報告はこちらをご覧ください)

スタンド・アップの参加者数が多いほど、世界の貧困問題解決とMDGs達成に向けた日本の市民からの声が大きいほど、政府はその声により真剣に耳を傾け検討する必要が出てきます。ぜひみなさんのスタンド・アップで、より貧困の少ない世界に向けて政府を動かしていきましょう!

参加方法はこちら

STAND UP TAKE ACTION 2014の背景と想いはこちら

過去のスタンド・アップレポートはこちら

▲ページトップへ

よくあるご質問

「参加方法は?」「登録が必要なの?」「チラシやポスターの入手方法は?」など、よくお問い合わせをいただくご質問と回答をまとめました。

詳しくはこちら



▲ページトップへ

運営主体

STAND UP TAKE ACTION(スタンド・アップ テイク・アクション)

主催: 動く→動かす

協力: 国際連合広報センター(UNIC)、なんとかしなきゃ!プロジェクト

後援: 外務省、公益社団法人ガールスカウト日本連盟、教育協力NGOネットワーク(JNNE)、一般社団法人グローバル・コンパクト・ジャパン・ネットワーク、独立行政法人国際協力機構(JICA)、公益財団法人世界宗教者平和会議(WCRP)日本委員会、公益財団法人日本ユニセフ協会、日本労働組合総連合会(連合)、パルシステム生活協同組合連合会、公益財団法人ボーイスカウト日本連盟

助成: 立正佼成会一食平和基金、日蓮宗あんのん基金、連合・愛のカンパ

「動く→動かす」は、100ヵ国以上で活動する貧困をなくすための国際ネットワークGlobal Call to Against Poverty(GCAP)の一員として活動する、NGOのネットワークです。
>> 動く→動かすのWEBサイトはこちら

▲ページトップへ