石巻国際まつり

戦後最大級の被害をもたらした2011年3月11日の「東日本大震災」。復興に取り組む被災地の人々と、災害や貧困に取り組む途上国の人々との連帯を、「スタンド・アップ」を通じてつくりたい。そんな思いから、「動く→動かす」では、被災地の市民団体や復興に携わるNGOと連携して、途上国のコミュニティ・リーダーを招き「石巻国際まつり」を開催しました。

2011年10月7日から16日にかけて、途上国で災害や貧困の中から立ち上がり、地域の復興の先頭に立ってきた3人のリーダーが来日。東日本大震災の被災地である宮城県石巻市を訪問し、「石巻国際まつり」をはじめとする各種のイベントに参加しました。

来日者の紹介

ニャーナセルバム・バサンタカラさん
(Ms. Gnanaselvam Vasanthakala)
スリランカ東部バッティカロア県在住。2004年のインド洋大津波に被災。その後、地域の再生に取り組み、2007年に激化した内戦も乗り越えてコミュニティの復興に尽力する32歳の女性リーダー。草の根から地域の開発に取り組む「ティルペルンドゥライ開発協会」(TCDO)所属。

ローズ・タマエ(ママ・ローズ)さん
(Ms. Rose Thamae)
南アフリカ共和国の最大都市ジョハネスバーグ郊外の旧黒人居住区「オレンジ・ファーム」でHIV陽性者の自助グループ「レット・アス・グロウ」を結成。自身も陽性者としてエイズの問題に取り組みながら、戸別訪問ケアや仕事づくり、若いリーダーの養成などを手掛け、地域の「ママ」として活躍。地元では親愛をこめて「ママ・ローズ」と呼ばれている。

イブラーヒーム・ムハンマドさん
(Mr. Ibraheem Muhammad)
イラク南部の大都市バスラで、「日本イラク医療支援ネットワーク」(JIM-NET)が行っている、子どもたち対象の保健医療活動に取り組み、また、地域の再建に向けた様々な活動を展開している。

▲ページトップへ

滞在の軌跡

ゲストの10日間の活動をご紹介します。なお、各写真をクリックすると拡大写真をご覧いただけます。

被災地域(門脇(かどのわき)地区など)訪問 【10月9日(日)】

ゲストは、来日後すぐに東日本大震災の 被災地の一つである石巻市を訪れました。被災から半年以上が経過したにもかかわらず震災の爪痕は多く残されていることを目の当たりにし、ローズ・タマエさんは涙をこらえることができませんでした。

石巻市・三反走(さんたんばしり)仮設住宅にて交流イベント 【10月10日(月)】


石巻市の河北地区にある三反走仮設住宅にて行われたイベントでは、仮設住宅で暮らす方々や近所から集まった方々が尺八や民謡、日本舞踊などの伝統芸能を披露してくれました。また、健康づくりの一環として、一緒に体操をしたりしました。またゲスト自身のHIV/エイズに対する取り組みなどの様々な経験と、仮設住宅で暮らす人びとの震災に関する多くの経験をお互いに語り合いました。

●関連レポート
三反走仮設住宅での「エイエイオー!明日があるさ」イベント

石巻国際まつり(石巻アイトピア商店街、かめ七呉服店、ホシノボックスピア) 【10月11日(火)】

石巻で代表的な商店街の一つ、石巻アイトピア商店街では、地域の方々の協力の下、石巻国際まつりを開催しました。地元の演歌歌手の小野くみ子さんと歌謡教室の皆様による民謡、渡波獅子風流塾(わたのはししふりじゅく)による獅子振りが披露されました。

またトークライブには、東日本大震災以降、石巻で医療活動を行なっている「日本・イラク医療支援ネットワーク」(JIM-NET)の代表、鎌田實(みのる)さん(諏訪中央病院名誉院長)が特別講演を行いました。最後にローズ・タマエさんの掛け声で、「明日でなく今、立ち上がり、行動しよう!」と参加者皆でスタンド・アップを行いました。

●関連レポート
スタンドアップ@石巻
石巻から発信しよう「人と人とのつながり」

日本記者クラブにて記者会見、国会議員会館で集会。鳩山由紀夫元首相と面会 【10月13日(木)】


東京に戻った3名のゲストは日本記者クラブにて記者会見を行い、世界の貧困や日本の震災などの様々な困難に対して、連帯して取り組む必要性を訴えました。

記者会見後には、衆議院第2議員会館にて院内集会を実施。呼びかけ人となった国会議員の方々から「震災の下でも、国際協力の重要性は揺るがない」と力強い言葉をいただきました。さらに、鳩山由紀夫元首相とも面会を行い、復興と貧困の解消に向けて、世界と日本が共に頑張ろうとの励ましのメッセージを得ました。

●関連動画
バサンタカラさんの発言 http://www.youtube.com/watch?v=z3mKQSyig4I
ローズ・玉枝さんの発言 http://www.youtube.com/watch?v=FDqHA2Ar5DI
イブラーヒームさんの発言 http://www.youtube.com/watch?v=Ttu4gf-VQdo
記者会見全体の様子 http://www.youtube.com/watch?v=2RRr4wfIu3E

●関連レポート
東京で記者会見と国会議員勉強会

シンポジウム「世界からスタンド・アップ」にてパネル・ディスカッション 【10月14日(金)】

石巻訪問の経験をもとにしながら、ゲストたちは自国で実際に直面した様々な困難、スリランカ大地震とその後の大津波や、HIV陽性者との連帯などを例に出し、共に手を取り合って励まし合うことの大切さを訴えました。

●関連レポート
二人の話にじっくり耳を傾ける:「世界からスタンドアップ」イベント

スタンド・アップ 2011 メインイベント「震災をとおして見えた世界と日本」に出演 【10月15日(土)】


MDGsの達成を訴え渋谷・原宿周辺で行われたパレードに参加しました。またその後国連大学でのトークイベントにも参加し、震災を通して日本の立場と役割を再検討し、世界各地の人びとが一つになって共に問題解決に向けて行動することの大切さを訴えました。

反貧困世直し大集会にゲスト出演 【10月16日(日)】

日本国内の貧困や格差に取り組んでいる「反貧困ネットワーク」が、毎年「世界貧困デー」前後に開催している「反貧困世直し大集会」。集会の中で、2008年以来、参加者がみんなでできるイベントとして「スタンド・アップ」が行われています。

今回はバサンタカラさん、ローズ・タマエさんが参加、「災害と女性」ワークショップに出演したほか、全体会でローズ・タマエさんが「スタンド・アップ」の音頭を取りました。日本における貧困や震災復興、世界各地の貧困や自然災害などの多くの困難に対して、共に考え行動することで、連帯を強化して行こうと訴えました。

●関連動画
バサンタカラさんインタビュー http://www.youtube.com/watch?v=EosejdfOPac
ローズ・タマエさんインタビュー http://www.youtube.com/watch?v=bff80uLHYAg

●関連レポート
反貧困世直し大集会

▲ページトップへ

来日ゲストからのメッセージ

  • ●一緒に力を合わせれば、私たちには、何かができる。バラバラでは、何もできない。(ローズ・タマエさん)
  • ●スリランカでも、津波の後は、被害を受けたいろいろな地域の人たちが集まってきました。日本でもそうだと思いますが、私たちは、みんなが仲良くなるためのいろんなイベントをやって、信頼関係を築くことができました。大事なのは、絆を強めることだと思います。(バサンタカラさん)
  • ●仮設住宅で被災者の方の手を握った時に、イラクと日本は距離的には離れていても、私たちの心は一つだと感じました。(イブラーヒームさん)

▲ページトップへ

動画集

「石巻国際まつり」の関連動画をご覧いただけます。

石巻国際まつり全体紹介映像

■石巻国際まつり(日本語)

■Ishinomaki International Festival(English)

 

日本記者クラブでの記者会見

■バサンタカラさんの発言

■ローズ・タマエさんの発言

 

■イブラーヒームさんの発言

■記者会見全体

 

反貧困世直し大集会でのインタビュー

■バサンタカラさん

■ローズ・タマエさん

 

▲ページトップへ

 

活動報告書

画像をクリックすると、「石巻国際まつり」の詳しい報告書をダウンロードいただけます(PDF)。

●目次
1.開催概要
2.石巻を訪れた人のゲストたち
3.国際まつりレポート
4.来日ゲスト・地域の方々の声
5.会計報告

 

▲ページトップへ